新潟会計ビジネス専門学校

メニュー

Qualification Acquisition/ 就職・資格

日本のモノづくりで挑戦したい。日本のモノづくりをエンタテイメントにしたい。
現在のお仕事内容は?
金属製品及び、革・木工・樹脂製品の企画、設計、開発から販売。要するに、自社ブランドのトータルプロデュースです。また、ものづくりに関わる事業展開や広報活動、販売に関する店舗経営、運営管理なども行い、「出会いのあった人・モノ・ことをつないで、製造の立場から新しいご提案をする」ことがスタイルです。
NABIに入学して頑張ったことは?
やはりイベント参加ですね。NABI Rave(学園祭)でヒップホップダンスのリーダーになったことが思い出に残っています。あとは資格取得!販売士、マルチメディア、色彩、MIDI検定、イラストレーター、フォトショップなど、在学中に12の資格を取りました。先生方の熱心な指導で楽しみながら取り組めましたし、合格したときの達成感は最高です。NABIは、授業以外のことも本気で取り組む学校!在学時の熱意は、社会人になった今もしっかりと自分の中に根づいています。
NABIの先生で印象に残っていることは?
就活が始まっても、明確な目標が持てないままダラダラと過ごしていたNABI卒業年次の自分。その時、先生に「一度でいいからマジでやれ!」と喝を入れられたことが印象的でした。ここでやっとスイッチが入り、エンジン始動。履歴書をチェックしてもらったときも「オレが人事担当なら採用しない。履歴書は誠意だ」と教えてくれました。“真のヤル気が相手の心を開く”ことを全力で教えてくれた先生に感謝の気持ちでいっぱいです。
仕事をする中で「NABIで学んで良かった」と思うのはどんな時ですか?
起業して経営者になり、改めて会計の大切さに気づいたことですね。開発費はいくらで、その後何年で回収するか? 年単位での収益は? 資金繰りは? 在庫リスクは?…など、きっとNABIで学んでいなければ、今は分からないことだらけでした。会計以外でも、マーケティングや、会社のしくみ作りなど「知っておいて良かった」ことの連続です!NABIは、どんな仕事にも直結する“活きた学習”だったと実感しています。
ページの先頭へ
閉じる

NABIをもっと知る