新潟会計ビジネス専門学校

メニュー

School/ 社会人の方へ

専門実践教育訓練給付金制度

社会人の方へ、専門実践教育訓練給付金制度のご案内です。

  • 1年間の訓練給付額は上限48万円。
  • 学科により教育訓練経費の金額が異なります。詳しくはお問い合わせください。
  • 一定の条件を満たした方に支給されます。
  •  詳細は最寄の公共職業安定所(ハローワーク)にお尋ねください。

社会人のキャリアアップを国が支援!
安心して進学できる新制度誕生です!

対象学科

※税理士学科、公認会計士学科:2年制のみ対象です。

平成27年4月入学生を対象に、「教育訓練給付金」の給付内容が拡充されます。新しい制度では、中長期的なキャリアアップを支援するため、厚生労働大臣が専門的・実践的な教育訓練として指定した講座(専門実践教育訓練)を受講した場合に、給付金の給付割合の引上げや追加支給があります。

入学金・授業料などが最大60%給与されます。 入学金・授業料などが最大60%給付されます。

教育訓練給付制度【専門実践教育訓練給付金】について

受講者が支払った教育訓練経費のうち、40%を支給(年間上限32万円)。
更に、受講修了日から一年以内に資格取得等し、雇用保険被保険者として雇用された又は雇用されている等の場合には20%を追加支給(合計60%、年間上限48万円)。
給付期間は原則2年。

※教育訓練経費
入学金や授業料などの受講料。受講料には必須の実習費、教材費を含みますが検定試験受験料、補助教材費等の含まれないものがあります。詳細はお問い合わせください。

厚生労働省

厚生労働省ホームページ(教育訓練給付金制度について)

給付対象者

  1. 1.初回受給の場合、講座の受講開始日までに通算して2年以上の雇用保険の被保険者期間を有している方。
  2. 2.以前に教育訓練給付金を受給し、前回の受講開始日から次の専門実践教育訓練の受講開始日前までの間に10年以上雇用保険被保険者期間を有している方
    (この場合、当該専門実践教育訓練の受講開始日前までに、前回の教育訓練給付金の受給から10年以上経過していない場合は、対象となりません)。
  専門実践教育訓練 NABIの場合
該当講座が2年制

支給額

受講者が払った
訓練経費×右欄の割合
40%

受講終了日から1年以内に資格取得し、
かつ被保険者として雇用された、
または雇用されている場合等は
20%を追加支給

最大60%

支給額の上限

32万円/年

上記20%の追加支給を受けた場合は
48万円/年

2年制の場合
最大が96万円

48万円/年


表をタップすると拡大表示されます。

教育訓練支援給付金

専門実践教育訓練の教育訓練給付金を受給される方のうち、昼間通学制の専門実践教育訓練を受講しているなど、 一定の要件を満たした方が失業状態にある場合に、訓練受講をさらに支援するため、雇用保険の基本手当の半額に相当する額をハローワークから支給する制度です。(受講開始時45歳未満対象)

●教育訓練支援給付金1日当たりの支給額
原則として離職される直前の6ヶ月間に支払われた賃金額から算出された基本手当の日額に相当する額の50%が支給されます。
基本手当の日額は、原則として離職される直前の6ヶ月間に支払われた賃金の合計金額を、180で割った金額(賃金日額) のおよそ80%~45%になります。(基本日額については、別途上限が定められています)

例えば…

  • 基本手当 18万円
  • 支援給付金 9万円/月額

給付金支給までの流れ(例)

専門実践教育訓練給付金を受給するには受講開始日の1ヶ月前までに事前の申請手続きが必要です!

  1. オープンキャンパスに参加

    希望する学科内容の確認/学費と給付予定額の算出/就職について

  2. ハローワークに相談

    給付要件の確認/キャリアコンサルティングの実施

  3. NABI入学選考・合格

    学費納入確認後「受講証明書」発行

  4. ハローワークに申請

    必要書類の提出(受講開始日の1ヶ月前まで)

  5. オープンキャンパスに参加

    希望する学科内容の確認/学費と給付予定額の算出/就職について

  6. 卒業(資格取得)・就職

    就職(被保険者として雇用)した場合、追加給付

オープンキャンパス参加 ハローワークに相談 NABI入学選考・合格 ハローワークに申請 NABI | ハローワーク 卒業(資格取得)・就職

※当校入学相談室又はハローワークでご確認ください。

オープンキャンパスでも制度についてご説明致します

  • オープンキャンパス申し込み
  • 資料請求申し込みはこちら
ページの先頭へ
閉じる

NABIをもっと知る